火災保険の少しの見直しで保険料が下がる!見直しのポイント

火災保険火災の他、破裂・爆発・落雷・風災・雪災が原因で火災が発生した場合被災した建物・家財に対して補償を受けれる保険です。

 

保証の対象は建物ですが、最近は家財にも保険をかける方が増えて来ました。

 

保険料は建物の構造や戸建てかマンションかによって異なります。木造の建物は燃えやすいので保険料が高くなり、逆に鉄筋の建物やマンションは保険料が安くなります。

 

また、盗難や水害が原因となる場合は補償を受けることができません。

 

保証内容の見直しのポイントは「必要なものがちゃんと付いているのか、逆に不足の保障がないか?
保証内容を要・不要で仕分けしてみましょう。

 

火災保険料の相場

火災保険だけでは比較的安く、建物の大きさや特約などの補償内容などによっても変わります。基本的プランで火災保険に入った場合は、年間平均して9,000円〜20,000円程です。

 

ここに地震保険がセットされれば、金額は倍以上に跳ね上がります。

 

戸建て

新築で住宅ローンを組んでいるなら、住宅ローンとセットで融資先の銀行で火災保険に加入する場合もあります。
この場合は保険の種類にもよりますが、大手損保会社が複数乗り合って作った専用の火災保険があり、民間の火災保険に比べるとかなり保険料が安くなっています

 

マンション

分譲のマンションも新築時は融資金額で保険を付ける傾向が強く、下手すれば一戸建ての保険料と変わらない場合もあります。なので保険金額の設定は保険担当者と良く打ち合わせの上で決めましょう。
(マンションは平米数から算出すると1/3位の保険金額まで下がります。)

 

賃貸物件

賃貸物件の場合は大家さんへの補償として賠償保険、自身への補償として家財保険の2つの保険が合体した賃貸用の保険があり2年契約のものが多く、保険料はかなり格安です。

 

 

火災保険を見直すポイント

一戸建てを建てた時に、銀行や不動産屋に言われるままの条件で火災保険に加入した保険の場合、保険金額を適正に下げたり無駄な保障を省くことによって保険料が安くなる場合は凄く多いです。標高が高い土地なのに水災を担保したり、費用保険金の無駄に付保している場合もその1例です。
また、リフォームなどで手直しをした場合は、新しく替えた素材が燃えにくいものであれば保険料が下がることがあるので、その場合は必ず見直しをするようにしましょう。

 

火災保険は、生命保険のように必要な補償額を自由に設定できる物ではありません。延床面積の解る資料を元に建物の評価が算出されて保険金額が決まり保険料も決まります。

見直しのポイント

 

  • 超過保険になってないか
  • 一部保険になってないか
  • 水災は必要かどうか
  • 要らない特約はないか

 

建物の評価は年々落ちていきますが、新価での補償で受けている保険は評価を見直す必要はありません。時価評価で保険料を出すタイプの保険の場合は毎年の見直しが必要です。

 

火災保険よりも家財保険の見直しを

一般には建物より、家財の評価の見直しが必要です。
お子さんが世帯を持って独立したりすると、家財の内容も変わっていきますので、人生のイベントが有った場合は直ぐに見直しをして保険料を節約するようにしましょう。

 

各社特約以外の保険料はほぼ一緒

火災保険の保険料は会社によってそんなに大きな差がありませんが付ける特約によって大きく異なって来ます。
価格戦略目的のパック商品は比較的お値打ち感があり、必要最小限の補償内容になっています。
現在加入している保険を見直し少しでもお金を浮かせたいなら、パック商品にするのも一つの選択肢です。 そうすれば、保険料をかなり節約するとができると思います。ただ、必要な保障がついてない場合があるので、必要な保障の有無についても確認しておきましょう。